2013年10月30日

【本】「怖るべき子供たち」


 ジャン・コクトー著「怖るべき子供たち」を読みました。以前からフランス通でコクトー好きな友人に勧められていたもので、このたびやっと手に取りました。
 ものすごく重苦しい雰囲気なのになんとなく可愛らしいところもあって、次々とページを繰ってしまいます。子供達が部屋で繰り広げる物語はなんだかミニチュアを眺めている感じがします。それも恐いもの見たさで恐る恐る屋根を外して中を覗くようなミニチュア感。なにを飼っていたか忘れるくらい放置された濁った水槽の不気味さに似ている。
コクトーかっこいいですね。これが初コクトーだと思っていましたがよくよく考えれば前にコクトーの映画「美女と野獣」を観たことがありました。詩でも小説でもなく映画から入るとは。けれどそれくらいいろいろな分野で作品を作れるようになりたいな。

2013年10月28日

スケアクロウのマスク!


 映画の小道具が大好きな友人が去年ハロウィン用に作ったバットマンの悪役スケアクロウのマスクを譲ってくれました。麻袋で本物そっくりに出来ているので誰が被ってもスケアクロウになります。ぼくも気分はキリアン・マーフィです。「マスクをご覧になりますか?」とか言ってアタッシュケースから取り出すシーンとかも再現できちゃう。


ちゃんと首吊り縄がついてて結び目で袋の口を固定できます。


観念しろバットマン!わははは!(こんなことは言わない)

2013年10月15日

デス・スター


 映画「スター・ウォーズ」(1977年)より、銀河帝国のデス・スター。点描の陰影は描いていて楽しいです。デス・スターというは人工の月と言いましょうか、球体型の宇宙ステーションなのですが、暗い陰になっている側では無数の窓の灯りが見えます。デス・スターは悪の帝国が作ったものなので最終的に主人公達によって破壊されるのですが、なんだかこのたくさんの小さい灯りを描いていたらこの中にたくさん人がいたのだなあと改めて思ってしまいました。まあデス・スター自体たくさんの人が住む惑星をレーザー(この絵にも描かれているクレーターのような部分からレーザーが出ます)で吹き飛ばしているのですが。

2013年10月7日

ミニオンのハッピーセット


 今回のハッピーセットは世間でも評判が良く特に「トムとジェリー」が人気だそうで、「怪盗グルーのミニオン危機一発」とどっちにしようか迷ったのですが、とにかく黄色くて可愛いのでミニオンにしました。で、ミニオンから一個選ばせてもらったんですが、トレイに載せられた袋の中をよく見ずにそのまま店内で食べていたら、近くの席でやはりミニオンを選んだ女の子達の会話が聞こえてきます。女の子の片割れが選んだミニオンはぼくの選んだのと同じでした。ぼくも開けてみようと思ってそのとき初めておもちゃの袋に手を伸ばしたのですが、そこで頼んだのと違うことに気付きました。なんだか可愛くないやつです。すると先ほどの女の子達が「あの中であれが一番可愛くない」と、どうやらぼくのところに間違ってやってきたミニオンのことを酷評しています。そして見れば見るほど不格好なミニオン。食事を終えたぼくは未開封の袋を持って店員さんのところに行って、頼んだのと違うので替えてくださいとお願いしました。替えてくださりました。不格好で女の子達から不人気なミニオンに申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらも、なんだかおもちゃ一つであと数日で22歳になる男が店員さんになにをお願いしているのだろうという複雑な気持ちになりました。ちなみにこのミニオンは背中のボタンを押すと両手が開閉します。拍手しているんだな、と思っていたらどうやら物を掴む動作だそうです。あと縦に振るとフニャフニャと鳴きます。

2013年10月6日

パーマン・バッジ


 あわたさんがつけていたガチャガチャのパーマン・バッジを良いなあと思っていたら、帰り道に丁度ガチャガチャがあったので回してみたらパーマン2号のバッジが出ました。裏側に安全ピンがついていて服などにもつけられるのですが、この安全ピンがなんだか幼稚園の名札みたいな雰囲気ですごく良いです。翌日これを上着につけて打ち合わせに出かけたのですが特に誰も食い付きませんでした。いや、別に食い付いてもらいたくてこういうものを身につけているわけではないから全然構わないのです。

2013年10月5日

空き地レギュラーズ


 絵やスケッチ等の整理をしていたら去年のドラえもんの誕生日に合わせて描いたものが出てきました。そのときは確か後ろのジャイアンの造形がいまいちなのと、他はアレンジできてるのにしずちゃんがつまらないほど普通なのが気に入らず、アップしないでボツにしてしまったのだと思います。ですが一年経って改めて見てみるとのび太とスネちゃまが可愛いし、ジャイアンも広い面をよく塗り込んであって、自分の絵ですが一年経つと別の人の絵みたいにも感じられて少し良いなと思ったので載せます。

2013年10月1日

【本】「叶えられた祈り」


 「ティファニーで朝食を」や「冷血」で知られるトルーマン・カポーティ氏の未完の遺作「叶えられた祈り」を読みました。ぼくはまだ「ティファニー」と「遠い声 遠い部屋」しか読んだことがなくて、いわゆる”綺麗な”カポーティしか知りませんでした。もちろんこの「叶えられた祈り」が綺麗じゃないというわけではないのですが、少なくとも「ティファニーで朝食を」みたいな女の子の憧れる素敵なお話、というのではないと思います。。。
 主人公は作家志望の男娼(著者カポーティの分身)。ゲイの編集者や大作家の老女のジゴロになって社交界入りして様々なゴシップを見聞きし、その世界を冷めた眼で観察しながらもそこに惹かれていく様子が描かれています。また、創作に励もうとしながらも酒におぼれ、小金を稼ぐために出張専門の男娼になったりして、大変デカダン的生活も描かれます。そしてここが肝心なのですが、この本に書かれているゴシップの数々はカポーティがセレブ達から聞いた内緒話そのもので、登場人物も実在の人々でモデルが誰かすぐわかるように書かれていました。何章かが誌上で発表されるとセレブ達は激怒し、カポーティは社交界から追放されてしまいます。結局強い反発のためか続きを書くのをやめてしまい、カポーティ自身は1984年に急死します。作品は未完に終わりましたが、残りの原稿がどこかにあるのではないかという噂になりました。
 ぼくはこのまま終わり、でもいいんじゃないかなと読んでみて思いましたが、もし続きが発見されれば是非読んでみたいと思います。とにかくこのカポーティの眼を通して描かれる社交界というか、ハイソサエティな世界観がとても良いです。主人公の退廃的な生活も悲惨なはずなのに読み進めたくなる不思議な魅力があります。
 山崎まどかさんの「女子とニューヨーク」という本ではドラマ「ゴシップ・ガール」と関連してこのトルーマン・カポーティもまたゴシップ・”ガール”なのだと書かれていましたが、この本を読んでなるほどなと頷けました。ゴシップを触れ回るなら匿名に限るというのも納得。