2018年1月29日

雪が降って一週間



 千葉県南部の生まれなのでやはり大雪はテンションがあがる。あっちでは雪なんか積もるとして数ミリ地面に膜を貼る程度でしかない。
 東京の大雪もこれが初めてではないので、もうそんなに新鮮味はなく、どこにも行かず(こういう仕事で本当によかった)家にこもって3DSにダウンロード版として復刻された「ポケットモンスター クリスタル」などやって過ごしていた。一気に小学生の頃の冬休み感が出る。

 結局この一週間、積もった雪は溶けきらなかった。先週は本当に、道の両側に残った雪の間を吹く風が冷たくて辛かった。道も雪かきをしてあるところのほうが少なく、積もった雪の上を大勢が踏み固めてしまい完全に凍結していた。犬も雪が降っていた夜や翌日の朝ははしゃいでいたが、そのあとはもう冷たい氷の地面を避けるように歩いていた。車通りの多い道路脇の雪も真っ黒になるだけだった。

 住宅街、それも大きめの立派な家が建ち並ぶ通りほど雪かきは手付かずな印象だった。そんなことで立派な家に住んでいるひとたちのイメーイを決めつける気にはならないが、それでも歩くところ歩くところそういう感じだった。というか家の出入り口の前すらもなにもされていない。
 どうしてだろうと思ったけれど、雪が降ったのが月曜日だったから、週末になるまで雪かきをする余裕などなかったのだ。週末になるとようやくガシガシとスコップで地面を削るひとたちが現れたけれど、もはや雪というより氷なのでそれはもう大変そうだった。雪かきではなく掘削だった。これが木曜日とか金曜日に降って積もっていたら、ここまで放置はされないですんだのになあ。要するに立派な家に住んでるひとたちは平日懸命に仕事をしているのだった。犬の散歩してポケモンで遊んでるぼくとは違うのだ。
 
 道はどんどん元どおりになっていて、乾いた地面がいかに歩きやすいかを実感しているわけだけれど、植え込みとかはまだ積もったままの綺麗な状態で雪が残っていてかわいらしい。並んだ木のてっぺんに少し雪が残っている様子は、みんなで帽子をかぶっているようだった。